O脚を歩いて矯正

■O脚も歩き方も矯正
O脚はさまざまな生活習慣や食生活などから影響を受けます。日本人にはO脚の人が多い原因のひとつが日本人はきれいな歩き方をしていないからではないか、と言われています。
モデルのような歩き方を思い浮かべてみましょう。とてもきれいな歩き方だと思います。モデルの方達は、日頃から美しい歩き方を意識していますし、きびしいトレーニングを積んで正しい姿勢をキープしています。自分には無理だと思われるかもしれませんが、モデル並みとはいかなくても、いつも歩き方に気をつければ、今よりはもっときれいな歩き方ができるようになります。
では、きれいな歩き方というのはいったいどんな歩き方なのか考えてみましょう。日本人の多くは、歩くラインが肩幅に近い広さで歩いています。このような形ではなく、一本の線の上を歩くようにイメージして歩いてみましょう。横から見た時に、踏み出した足と顔の中心が直線になるイメージも重要です。
それから、体重を支えるのは土踏まずです。足を踏み出してからは、土踏まずを中心に足の裏側全体で体重を支えるように歩きます。そして立ち止まる際には、つま先とかかとをきちんとそろえて立つようにしてみましょう。
このことを意識すると、最初はとてもぎこちない動きになってしまうものです。でも、足ばかりが気になって猫背になってしまうようでは逆効果です。背筋はピンと伸ばして手の振り方も自然になるようにしましょう。
O脚を治すためには、歩き方というのはとても重要なポイントのひとつです。これを読んだ今日からでも少し努力して歩いてみてはいかがでしょうか。

■ウォーキングで矯正
O脚の人がジョギングを行うと、余計にひどくなってしまう場合がありますが、ウォーキングであればO脚の矯正にもなりますし、歩くスピードによってはダイエットも兼ねることもできます。
現代は様々な交通手段が普及しています。近くへ行くのにも自動車を使ってしまうなど、歩くということが昔に比べ極端に少なくなっています。
昔の人は足腰が強いというイメージがあると思います。長生きしていらっしゃる方は、足腰もしっかりとしていらっしゃいます。人間にとって歩くということがとても大切なことで、なんらか原因によって歩くことができなくなると、急に老化が進んでしまうこともあるのです。
ウォーキングを行う際には、自分にきちんとあったサイズの靴を履くようにしましょう。
そして、無理に長時間行ったり、いきなり長距離のウォーキングを決して行わないことも頭に入れておくようにしましょう。ダイエットを考えてウォーキングを行うのであれば、多少のスピードが脂肪を燃焼させるために必要ですが、O脚の矯正だけを考えて歩くのであれば、景色を見ながらゆったりとしたスピード歩くだけで十分です。
それより注意しなければならないのは、ただウォーキングするだけではなく、きれいな歩き方を実践して歩くことです。背筋を伸ばしたきれいな姿勢で、肩幅いっぱいの広さではなく、一本の線の上を歩くように歩いてみましょう。
O脚矯正のためには、きれいに歩くことと、あせらず無理せず長く続けることが一番大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)