骨への影響

■骨盤のゆがみ
人間の骨格の中心とも言える骨盤が歪んでしまうと、大腿骨にも影響が出ますし、膝の歪みにもつながってしまいます。これは、結果的にO脚を招いてしまうことにつながります。この骨盤が歪んでいるのかどうかを判断する方法がいくつかあるのでご紹介します。
まずひとつめの方法は、立った状態と寝た状態とのおしり周りの大きさを測る方法です。真っ直ぐに立って、一番おしりの外周が大きい部分を測ってみます。次に仰向きに寝て、少し腰を浮かせ、立った時と同じようにおしりの同じ部分を測ります。立った状態と寝た状態との差が、立った時の方が4cmより大きければ、骨盤が歪んでいると言えます。
ふたつめの方法は左右の脚の長さを比べてみる方法です。この方法はひとりではできませんから、家族や友人など周りの人に協力してもらう必要があります。とはいえとても簡単な方法です。どうやるかというと、うつぶせになり、左右の足のくるぶしの部分の位置のずれを見るだけです。左足が長ければ、骨盤は右側が上がっていることになり、右足が長ければ骨盤は左側が上がっていることになります。
次は、正しい姿勢で鏡の前に立ってみます。O脚のすき間の脚の付け根~膝の間が大きい場合は骨盤がより歪んでいますし、膝より下が大きい場合は膝や足首にO脚の問題があるということになります。大部分の方のO脚の原因となるのは骨盤の歪みで、膝の歪みと比較すると骨盤の歪みの方が改善しやすいと言われています。

■骨の形が変形?
O脚は脚の骨が曲がっているのではないかと考えている方も多いかと思います。しかしこれは間違いです。O脚は脚の骨が曲がっている状態ではなく、脚の骨が曲がっているように見えてしまうというのが正しい解釈です。
女性の中には美脚になりたくてO脚を矯正したいと考えている方がたくさんいいるかと思われますが、本当に脚の骨が曲がってO脚になっているのが原因だとすれば、矯正はとても困難だということになってしまいます。
では、なぜそんな風に見えてしまうのでしょうか。人間の脚の骨はひとつではなく、複数の骨で構成されています。上の方から骨盤とつながっている大腿骨は膝の関節で脛骨とつながり、脛骨は足首へとつながります。O脚の方の場合、この骨と骨のつなぎめである関節の部分に歪みが生じているのです。
膝の関節が歪んでしまうと、その上下にある大腿骨と脛骨も影響を受けてしまいます。そして関節の歪みにより大腿骨と脛骨は外側へと倒れた状態になってしまいます。さらに今度は筋肉が外側へと付いてしまうようになり、ますますO脚に拍車をかけてしまうことになるのです。
ただし膝の関節が歪んでいるだけで他に要因がないかといえば、そういうわけではありません。生活習慣や姿勢の悪さなどが骨盤に影響を与え、今度は骨盤の歪みが大腿骨に影響を与えることになり、膝の歪みにつながります。
ですから、O脚は脚の骨がまがってるわけではありません。膝の関節の歪みで脚の骨がまがっているように見えてしまうという状態なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)